スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界人が嫌いだ

以下の文章はあくまで個人的、主観的なものである。
他に援用するならば注意されたし。
別に参考にするなり賛同してくれるなりしてくれるのは構わないが、むやみに受け売りするのは遠慮しておいた方がいい。

という忠告は最初にしておく。

さて、何はともあれ、自分は「業界人」という人種が原則的に大嫌いだ。

まず、原則的にリア充しかなれないのが嫌いだ。
自分は一応それなりの大学を出ていることになっているが、
自分の周りでマスコミ業界に就職したという人物はいずれもリア充である。
人当たりも軽く、飲み会なんかで女の子に人気になっているタイプの人間。
それか、超優等生。それこそ、人の愚かさを生暖かい正義感でもって語ってるつもりになってるタイプの、自分自身が愚かになることを嫌がるであろう人間。
そういう連中とは、人間として単純に相性が悪いし、そういう連中が社会的地位を得るということを考えると虫唾が走る。
というか昨今のマスコミ業界はそれなりの大学を出ていないと原則として門前払いで、必然的に学歴的に恵まれた人間しか入れないようになっている。何だよそのつまらない業界。
だから、自分は業界人という人種が大嫌いだ。

外面がよくないと成功しないから嫌いだ。
その他の業種と違い、実直さよりもまず外面がよくないと成功しない。
本来ならば実直さが外面に現れる側面も往々にしてあるが、現実問題として実直さに欠けた外面だけの連中の作る番組ばかりで、そういうもので大半が占められるテレビが心底つまらない。
(ただしアニメは見る。作品に対する昔ながらの実直さがまだあるからだ)

立地条件もあるが、原則として都会の視点でしか語らないから嫌いだ。
東京の論理で田舎を他人事のように語られても困る。地元で超絶嫌われてる奴をさも人気者であるかのように映しやがって。そいつに対してはもちろん、そいつを確信的にヨイショしてる業界人に対しても怒りを覚える。
そして、そういうものを日本人の総意であるかのように語るな。

そもそも、大多数の実直に働いている社会人とかけ離れた感覚しか持ち合わせていないのに、自分たちの言説があたかも国民の常識であるかのように語るから嫌いだ。
業界人という人種は、原則的に破天荒でなければ成功しないし、論理的に一般人とかけ離れていなければ存在できない職業なのだ。
そういう連中のエキセントリックな考えをさも倫理的で常識的な一般論として語る事自体、ある種の暴力行為である。あまつさえ、自身のそういう暴力的な在り方を自覚せず(していたらなお悪い)、平気で垂れ流すことの罪悪に気づけ。

実体のないものに勝手に縛られて勝手に泣き言をほざくから嫌いだ。
「視聴者のための番組作り」って何だ。誰だよ、「視聴者」って。その「視聴者」の自由意志とやらが、マスコミの洗脳によって生み出されたテレビっ子のそれだとしたら、自分の糞を食って糞を出すようなものだろうが。文系高学歴のくせに、パノプティコンという言葉を知らんのか。論理的に考えて、負の拡大再生産にしかならないにもかかわらず、それに気づかない愚かさといったら。「我々が貴様らを教導してやる」といわれた方がまだ筋が通っている。
「楽しくなければテレビじゃない」って何だ。お前らの「楽しい」が自分らの「楽しい」とは限らない。そんな単純なことにも気づかず「楽しさ」の押し売りしかしないのはただの独善だろう。内輪向けの、負の拡大再生産ばっか作ってるんじゃないよ。

科学を軽視するから嫌いだ。
視聴者目線だか何だか知らないが、「小難しいベンキョウの話なんかされたって面白くねえんだよ」と、文系脳が実直な科学者を笑いものにするのを全国波で放映して悪びれない辺りは、もはや世界の恥である。
最近の例をあげると、小保方のやったことの何が悪いのか、お前らわかってなかっただろ。少なくとも謝罪会見の生放送の時点では。「何言ってんのかサッパリわからん」とかドヤ顔で言ってんじゃねえよ。恥を知れ。
それを見たアホがみんな真似するんだよ。結果、アホが実直な人間を馬鹿にする風潮が日常となり、日本の将来は今や斜陽だよ。全部お前らのせいだよ。

ネットを使いこなせてないのが嫌いだ。
既存マスコミがマンパワーを全力投入してネットをフル活用したら、今あるネット上の情報サービスなんかたちまち霧散してしまうはずなのに、目先のパイが奪われるのを嫌悪するしかしない頭の悪さが嫌いだ。



中には立派な人物もいる。業界人の中にも実直な人間はいるし、尊敬する人間もいる。

数多の言説がそうであるように、例外は常に存在するし、大抵の場合人種というくくりでそれに属する人間すべてをおしなべて軽蔑するのは愚かなことである。

ただ、そういう人間も、「業界人」という人種それ自体によって堕落していってしまう。
そういう構造が確実に存在する以上、「業界人」という「人種」それ自体はやはり嫌いだ。

客観的事実から生理的感覚まで、実に個人的な理由によって。

あくまで個人的理由なのだ。
だからこそ、人に理解されないでも別に構わないし、だからこそ、揺るがない。



ps:今期アニメをやはりぜんぜん見れていない

comment

Secret

かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。