スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/4-6月期終了アニメアンケート(追記あり)

いつもの。アニメ調査室(仮)様から
若干追記あります。主に惡の華について。

・評価基準
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い

B : まあ良い
C : 普通

D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可



◆01,ゆゆ式 S
日常系に位置しながら、従来の日常系作品とは一線を画する(というより日常系の極北というべき)奔放な作風を、(明らかに男目線とはいえ)毎回エロノルマが存在する構成や動画の完成度の高さで見事に表現しきったアニメ。
個人的には今期の中で一番楽しみにしていた。

◆02,惡の華 D
ロトスコで実写寄りにしたことによって、モブの一部がリミテッドになってるのにものすごく違和感を感じたり、女神の場面とかで漫画的手法を実写に持ち込んだ時の滑った感など、実写特有の悪い面も受け継いでしまったと思うが、全体的に映像はまっとうに作っていたと思う。
ただ、ロトスコの是非はともかくとして、アニメ版のあの切り方は正直無い。見所も確かに多いが、一個の作品としては普通に及第点以下である。
原作は(完全に別物だけど)素晴らしいので、興味を持ったらアニメを最終回まで見るより原作読んだ方がよっぽど建設的である。

◆03,あいうら, C
画はプロレベル、演技はアニメをバカにしているとしか思えない。
とはいえ、アニメってやっぱり画と演出が良ければどうとでもなるんだなぁと改めて思った。

◆05,DD北斗の拳 C
悪い意味で大地丙太郎の無駄遣い
某ニュース番組で毎朝1分だけやっているガッチャマンとかマジンガーとかのフラッシュアニメとか見てると、短くても良いからせめて朝か夕方にやってれば子供にはウケていたかもしれない
子供向けという条件付きで見ると結構いい出来だっただけに、明らかに放映する時間帯を間違えていたのが本当に惜しい。

◆06,ちはやふる2 A
一期と変わらぬ高いクオリティで安定。

◆08,ぼくは王さま A
昔懐かしの絵本原作。
黒子の人の朗読もそうだが、村松健による音楽が何気に素晴らしい。

◆10,スパロウズホテル E
途中であいまいみーの人に監督が交代したり等、企画がお粗末すぎる。

◆11,はたらく魔王さま! A
日常パートとの対比で楽しませる演出の妙が光る。
DQ派ではない自分にとって、昨今の魔王ものの流行には正直嫌気がさしていたが、これは別物。

◆12,デート・ア・ライブ B
ハーレムものとしてはそれなりにいい出来。
何も考えずに見るのが良し。

◆13,波打際のむろみさん B
原作は別にどうとも思ってなかったが、アニメの方はいろいろ頑張って作ってた。
アザゼルさんの後番として見劣りしなかっただけ立派。

◆14,絶対防衛レヴィアタン C
良い意味で頭のネジが一本外れたクソアニメ。

◆15,革命機ヴァルヴレイヴ C
脚本が明らかに狙って笑わせに来てるし、真面目に見るのはアホらしい類の作品だと、視聴者は二話で気付くべきである。
ギャグアニメとして割り切って見ればそれなりに質の高いアニメだと思う。

◆16,翠星のガルガンティア A
1クールしかないということが、唯一にして最大の汚点
本来ならば最低でも2クール以上、できれば一年くらいのスパンでもってNHK辺りでじっくり企画されるべきだったと思う。
非常に魅力的な世界観だっただけに、本当に勿体ない。

ちなみにガルガンに対して「面白いがロボアニメではないよな」という評価をよく見るが、ドラえもんはロボアニメだと思っていたりする自分にとってそういう問答は愚問である。
個人的に、そうやってロボアニメの可能性を自ら狭めるのは誰も得しないと思うのだ。

◆変態王子と笑わない猫。 B
デート・ア・ライブとセットで、何も考えずに見る枠としておけば結構な良作。

◆20,直球表題ロボットアニメ,A
gdgd妖精sとしっかり差別化で来ていたし、面白かった。芭蕉ちゃんの人はもっと評価されるべきである。
結局テレビ版の12話でCパートが放映されなかったのは正直どうなんだろう?とは思う。

◆23,断裁分離のクライムエッジ C
1話を見て迷わず原作を全部読破した口だが、原作は素晴らしいと思っている。
アニメの方は所々におかしな演出があったりして、一言で言うなら「センスが足りないなぁ」と思いながら見てた。
でもエミリー関連の話についてだけはよく頑張ったと思う。ちなみにLOではこの後ry

◆26,よんでますよ、アザゼルさん。Z A
相変わらず酷さのインフレが凄まじくて素晴らしい。
ただ、アニメの方はあくまで原作を忠実に映像化しているだけなのだという事実を忘れてはいけない。


01,ゆゆ式,S
02,惡の華,D
03,あいうら,C

04,フォトカノ,x
05,DD北斗の拳,C

06,ちはやふる2,A
07,血液型くん!,D
08,ぼくは王さま,A

09,カーニヴァル,x
10,スパロウズホテル,E

11,はたらく魔王さま!,A
12,デート・ア・ライブ,B
13,波打際のむろみさん,B
14,絶対防衛レヴィアタン,C
15,革命機ヴァルヴレイヴ,C

16,翠星のガルガンティア,A

17,ハヤテのごとく! Cuties,x
18,RDG レッドデータガール,x
19,変態王子と笑わない猫。,B
20,直球表題ロボットアニメ,A


21,アラタカンガタリ 革神語,x
22,這いよれ! ニャル子さんW,x
23,断裁分離のクライムエッジ,C
24,百花繚乱 サムライブライド,x
25,ヘタリア The Beautiful World,x

26,よんでますよ、アザゼルさん。Z,A
27,イケメン救護隊 ナースエンジェルス,x
28,俺の妹がこんなに可愛いわけがない。,x
29,うたのプリンスさまっ マジLOVE2000%,x
30,イナズマイレブンGO クロノ・ストーン,x

31,やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。,x
32,DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION (デビルサバイバー2),x
33,咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A (13-16話),x
34,宮河家の空腹,x



前期とうって変わって、今期アニメはかなり豊作だった。
豊作過ぎて、視聴がおっつかずに断念した作品が多数出まくったのが本当に惜しい。今期の場合、マジェプリ、RDG、ニャル子、はまち、フォトカノがそれにあたる(マジェプリはまだ終わってないけど)。これらは本来ならば切るつもりはなかった。
あんまり豊作過ぎるのも、せっかくの良作が潰し合ってしまう結果になるため、考えものである。

進撃の巨人は、「絵がヘタ」という原作最大の欠点を全力でカバーする変態作画や、原作のエンタメ面における魅力の一つであるシュールギャグ要素をより明確にする演出等、現時点では考え得る限りで最高の映像化だと思われるが、この先どうなるかは知らない。作業的には既に虫の息っぽいし。

対して、団地ともおの映像化には正直かなりガッカリしている。原作が持つ魅力の重層性が、全編CGによる作画と、(渡辺歩氏の色も強い気もするが)NHK特有の優等生色が強い演出によって完全に台無しになっている。
企画サイドの人間は腹を切って詫びるべきである。

来期は、ゆゆ式が素晴らし過ぎたのと芭蕉ちゃんが主役やると聞いて、きんいろモザイクにはそれなりに注目している。あと水島枠ってのもあるげんしけん2や、金子枠のシンフォギアGにも勿論期待大である。ローゼンは、正直どうなるか分からん。
もちろんこれから視聴作品が増えていくだろうことは言うまでもない。

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

ご参加ありがとうございます

アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'13/8/3の予定です。

7/6に 1作品追加しています。
評価をつける場合は、以下のリストを追記してください。

34,宮河家の空腹,x

見ていない場合は、そのままでかまいません。

No title

ありがとうございます。
宮河家の空腹は未視聴なのでxでお願いします。
かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。