スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムシティ5、あるいはシムシティ2013

正式名称はシムシティだが、初代と見分けが付かないのでやっぱり別の名前で呼びたい。
シムシティシムシティ
(2013/03/07)
Windows

商品詳細を見る


さて、シムシティを初めとする都市経営ゲームは昔から好きなので、神ゲーと名高い4以来である待望のシムシティシリーズ新作と聞いて、もちろん発売前に予約した。


で、3月に届いてから大体1ヶ月くらいプレイしてみたわけだが、結論から言う。
現時点では間違いなくクソゲーである。


いろんな所で散々指摘されているバグについては、まぁ将来的には直ってるものとして大目に見ておく(かえって多くの不具合を生み出したとして悪名高い2.0パッチを見ても非常に心配だが)。
しかしそれを差し引いても、純粋にゲームとしてどうかと思われる点がいくつか見られるのである。


特化施設のバランスブレイカーっぷり交通機関の貧弱化という二つの大きな問題点については、レイホウ閣下の記事を始めとしていろんな所で言われているのでここでは割愛する。
シムシティ5の抱える根本的な問題。第一回 都市の特化が導く社会主義への道
シムシティ5の抱える根本的な問題。第二回 創意工夫の少なさ・喜んでもらえる実感の無さ

ただ前者の、資源と特化施設の話についてさらに付け加えておく。

今作は全体的にCitiesXLシリーズやトロピコシリーズを参考にしたと思われる点が非常に多い。
資源をグローバル市場(CitiesXLではオムニ社)や都市間で輸出入するシステムは、CitiesXLとかなり近い。
また、農産物から高価な加工品を作って輸出するという流れとか、その機会を提供する工場は、企業を誘致するという形でなく官営工場に近い形で莫大な維持費を負担しながら稼動させる類のものであるという点で、どちらかというとトロピコシリーズに近いものを感じる。

レイホウ閣下も指摘している通り、各種工場をすべて揃えられる段階になると、地道な手段で稼ぐのがアホらしくなるくらいの莫大な金銭が得られる。
それ自体のバランスの悪さも十分問題なのだが、自分がより問題だと思うのは、特化施設の台頭によってシムシティの伝統である(住・商・工)の三大地区を機軸としたシステムが完膚なきまでに破壊されてしまった点である。

シムシティというゲームは伝統的に、住宅地区・商業地区・工業地区のバランスを保ちながら都市を作っていくゲームである。それは初代でも2000でも3000でも4でも一貫しており、交通機関や港湾などの施設も、元をたどれば三大地区間の流通を支えたり三大地区の需要を促進するためのものであるのを考えても、元々シムシティというゲームは三大地区システムを起点として作り上げられたゲームである。

今回、その住居・商業・工業の他に、資源・観光客という新要素が組み込まれたのだが、これらがどういう風に既存の三大地区とかかわるのかというと、ほとんど関係しない。否、正確に言うと関係は一応あるのだが労働力以外の点ではまったくチグハグでかみ合わないので、両者は別物として割り切った方が上手くいく。
その結果、住居と官営工場と港湾だけで都市を成り立たせるゲームになってしまう。商業・工業は完全に飾りである。一体何のゲームをやってるのかよく分からん状況になってしまう。でも実際問題この組み合わせが一番上手くいくのだから仕方ない。

別に三大地区を基調としたクラシックスタイルでプレイしてもいいのだが、単純にマップが狭いし、三大地区の関係の密接さは4と比べて簡素化している上に、今作の都市内交通機関は実質道路しか使えないので、ハッキリ言ってぜんぜん面白くない。
あと、実質道路しか使えないというのに加えて、今回都市間の接続は既存の高速インターしか使えないので、あんまり人口を伸ばすと渋滞で都市が死ぬ。下手に10万人以上の都市作ると隣の町まで入り口が糞詰まりを起こして両者ともに死ぬ。今作は、人口を極力伸ばしてはいけない4までは可能な限り人口伸ばすことを目標にしてみんな目を輝かせていたと思われるが、同じような感覚で今作はそれをやってはいけない。それって本当にシムシティなのか?と思われるかもしれないが、ダメなものはダメなのである。

前述の通り、このような資源を元手にした官営工場を維持するタイプのプレイ感覚はまんまトロピコのそれである。
だったら、素直にトロピコやった方がいいんじゃないの?という話になる。
参考にしたとはいっても、劣化移植、ハッキリ言えばパクリの域を出ているわけではないので、本家であるトロピコやった方が絶対面白いし。

原点に立ち戻って「シムシティって何のゲーム?」ということを考えると、シムシティとは三大地区の需要バランスをとりながら都市を発展させるゲームであり、そこにシムシティのゲーム性の根本が存在する。
その根本原理をブチ壊してまでシムシティに特化システムを取り入れる必要は果たして本当にあったのか?
自分は甚だ疑問である。
今作が原点回帰を目指してあえて無印の「シムシティ」を名乗るなら猶更だ。


それはそれとして、


個人的に、今のシムシティの問題点の半分くらいは、マップの絶望的な小ささにあると思われる。マップが小さいせいで道路も自由にひけないし、ましてや各種交通機関は言うまでもない。大胆な区画設定もできないので、三大地区の存在意義の問題にも直結する。
逆に言うと、1つのマップの面積を四倍以上にするだけでこれらの問題の大半は解決するのではないか、とも思われる。
もちろん、交通機関の仕様や物流アルゴリズム、それと大量のバグの解消も急務であり、これらが解消された拡張パックがきっと出るものと、シムシティファンとして自分は信じている。


信じているのだ。

theme : PCゲーム
genre : ゲーム

comment

Secret

かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。