スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我流アニメ評価の基準

実に二ヶ月ぶりの更新で、スポンサーサイトが貼られる始末である。
やる気あるのか?といわれると、ないです。それに加えて、リアルの方もそれどころじゃないというか更新するのがはばかられるような状況が続いていたし、ぶっちゃけツイッターその他ですむことばっかだし。


で、最近アニメ調査室(仮)でアニメ評価アンケートに暇つぶしがてらに協力しているのだけど、自分がSABCDEまでのランクを付ける基準とは何ぞや?というのを少し考えてみた。
せっかくやるからには、大まかな基準くらいは確認しておきたい。

というわけで今までのを見てみると、ざっと↓のようになると思われる。

S

時代を代表する、あるいは時代を変えると思われる、もしくはそうなって欲しい作品
・神原作からさらに昇華した素晴らしいクオリティの作品
・その他、とにかく大感動したら何のためらいもなくS付けます。

A
時代にマッチした素晴らしい良作
・神原作を忠実に再現した良作
・糞原作を素晴らしい良作にまで昇華したアニメ

B
・平均よりは上の良作
・良原作を忠実に再現した良作

C
・平均程度、可もなく不可もない出来の作品
・並程度の原作をどうにか見れるクオリティでアニメ化した作品

D
・平均以下の出来。イマイチとされる作品。
原作の好き嫌いにかかわらず、原作の良さを出せなかったと思われるアニメ。
・糞原作から予定調和のうちに生まれた糞アニメ。ただし、よほど劣化していない限りDどまり。
・S・Aになり損ねた残念作品も結果的にCかDになるような気がする。ただ、間違えなければS・Aになりえたという点はなるべく評価してあげたい。

E
・もはや怒りすら覚えるほど不出来な作品。
・原作を著しく台無しにしたアニメ。



なお、怒りを覚えなければE評価は食らわせないようにと心に決めているので、よほどのことがない限りDが作品としては最低評価・・・といいたいところだが、最近は各シーズンにつき1作はE食らってる気がする。まぁ、本当に「喧嘩売ってんのか?」って言いたくなる作品ばっかだから別にいいんだけど、どうしちゃったんだろうね。去年まではこんな極端な作品は多くなかったのに。

原作つきのアニメの場合、原作に忠実か否かは結構重要なファクターになってるようだ。メディアミックス戦略が大変なことになっていたゼロ年代において自分なりに見出したひとつの基準だ。これにより、いくら誰得な原作でも、忠実に糞を再現したのならそこまでひどい評価は出さないと思われる。ただ、これを考え出した企画の人間には激しく絶望する羽目になるが。
そしてあまりにも目に余るのはさすがにどうかと思うが、原作とは解釈の違いにより若干結末が違う程度の改変には比較的慣用であろうと心がけている。TV版ファントムですら、最初は面食らったが、今では良い終わり方だったと思える。
いわゆるひとつの「メディアの違いを理解せよ!」である。
ただどんな形であれ、改変しちゃうと二期が作りにくくなるはずなので、未完結の原作でそれやられると微妙な気分になるのは仕方ない。


SとAの決定的な分かれ目は、時代を作ったか否か、時代を代表するに足るか否かである。あるいは「こういうアニメはもっと増えるべき」と思ったらSを付けると思う。無論独断と偏見に多分によるが。
例えば、時期的な関係で評価しなかったが、イカ娘一期のように丁寧に作られたコメディはこれからのスタンダートのひとつになって欲しいと強く思ったのでSを付けただろう。ちなみにみつどもえ二期にS付けたのも同じような理由である。
ゼロ年代だったらSを付けられるアニメはまったくといっていいほど存在しなかったが、最近は心置きなくSを付けられる作品が増えてきてうれしい限りである。
まぁ、自分の思い入れが強い原作が素晴らしい出来でアニメ化された時に感動のあまりS付けちゃうなんてこともよくあるけども。



ともあれ、後で視聴したくなった時にひとつの指標にしていただけたら幸いだ。

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。