FC2ブログ

うみねこep8感想・考察:推理なんか正直どうでもいい人から見た場合

暇を見てちょびちょびやり続けて、やっとうみねこ八話を読み終えた。

竜騎士07の製作日記によると、今回は「最終話というか『本当の意味で終わりを告げるエピソード』」とか「最終話というよりは、『最終話より、先の物語』」等といろいろ定義づけられているが、ともあれ8話でひとまず終わるのは間違いないようだ。うみねこ礼を出すか出すまいかまだ決めかねてるみたいだけど。

今まで自分は、作中で思考停止野郎とかなんだとののしられながらも、基本的にあまり推理しないで読んできた。今回も基本的にそのスタンスだが、今回に限っては、推理とは別にうみねこを読む上での最低限の前提を考察するくらいはしておきたいと思う。


今回も例によって例のごとくネタバレ注意である。今回は伏字もまったく使わない方針なのでご容赦を。

うみねこは8話でひとまずの完結という前提に立ってうみねこを個人的に評価してみると、結論から言えば、推理抜きで見れば読みものとして結構見るべきものはあった、てな感じ。

うみねこを評価する上でまず最初に、そもそもうみねこってどういう枠組みを持った話なのか?ということを把握しておかなければならない。物語を把握する上でその物語の構造を理解していなければ評価なんかできるわけねーだろってのはあらゆる作品において言えることだが、現在世にあふれている多くのうみねこ批判が果たしてその手続きをちゃんと踏んでいるか?と言われると、甚だ疑わしい。謎以前に、正直うみねこっていったい何の話なの?というとこから分からんという人も多いのではないか?


個人的にざっくりうみねこの構造をまとめると以下のようになる


六軒島殺人事件

絵羽が生還。縁寿を引き取る。
右代宮家の財産を相続するも、黒い噂が絶えない。

ボトルメッセージ→→→→→→→→→→六軒島事件というネタをめぐる偽書作家の大量発生
↓                       ↑うみねこ本編推理パートの叙述全般

絵羽、六軒島の真相を語らぬまま病死。

すべての真実が記載されている絵羽の日記が世に知られる。

八代十八が土壇場で非公開にする。
それを機に、オカルト、ミステリの題材としての六軒島事件は忘れられていく。
現実世界においても事件は完全に猫箱入り


話の全体の構造としてはこんな感じである。またうみねこep8は選択肢ありのマルチエンド方式で、魔法エンドか手品エンドかでその後の縁寿の行く末が上記の図に付けくわえられる。ただ、解釈によって捉え方がだいぶ違うため割愛した。

ここで重要なのが、うみねこの半分以上がこの偽書の中身に費やされているということだ。ep4から偽書に記載された六軒島事件の外の様子が描写されるようになったが、それでも半分以上が六軒島事件の外からの記述=偽書なのだ。ep3まではほぼ100%偽書である。
偽書というのはつまり、後の人間が六軒島事件をネタにして作りだした一連の二次創作である。うみねこの推理パートの設定はepごとにコロコロ変わるが、それも偽書による自由な二次創作だからだ。んで、その二次創作の書き手の中でもビッグネームなのが八代十八というわけだ。

そして、作中や作外で「これは絶対解けます」「解こうとしない奴は思考停止してる豚だ」等のように煽られ、推理するように半ば強要され続けたと受け取られてきたのも推理パート=偽書の内容なのだ。
作者や作中の煽りを真に受けていると、偽書パートの謎解きがすべてのように思いがちだが、上のように整理してみると、偽書の内容というのは全体のうちのほんの一部分でしかないことが分かる。
更に言うと、上の図を見てもわかるとおり、偽書がどうの云々をバッサリ削ってしまっても物語の全体解明にはほとんど影響が無い。自分はほとんど推理しないで読んできたが、そんな自分が言うのだから多分間違いない。うみねこは推理しなくても読める類の読みものである。偽書の元ネタたる六軒島の真相はep8にて猫箱入りと相成ったが、全体像の把握には問題ない程度の情報はちゃんとep8までに提示されている
だから、猫箱の中身に肉薄する推理パートに挑戦するしないは読者の自由なわけだ。作者によると、推理パートも一応全部解けるようにはなっているらしい。だから解いてみるのも良いかもしれない。ただあらかじめ言っておくと、結局最後まで明確な公式解答は出ないが。


さて、以上の全体像を踏まえた上でうみねこは読みものとしてはどうなの?という話だが、個人的にはなかなか面白い形をした読みものだと思っている。

ep1からep3までは100%偽書の中からの視点である。それがep3の最後に縁寿が出てきてep4からは本格的に偽書の存在する外の現実世界の描写が加わり、偽書と現実世界の二層構造の世界が展開される。この視点のダイナミックな移行の仕方はかなり大胆で面白いと自分は思った。しかも、ひぐらしから続いて今作も、掲示板で読者の推理がかなり熱く繰り広げられている。うみねこは前作に引き続き、読者を巻き込んで展開される非常に大規模な流行となった。言うまでも無く、ネットという討論の場が無ければ実現しない枠組みであり、物語のこういうダイナミックな展開の仕方に関してはやはり依然として評価せざるを得ないだろう。


ただ、批判を受けざるを得ない箇所というのも当然ある。

自分は上のようにうみねこの枠組みを捉え、結局推理要らねえじゃんと思うに至ったので、「猫箱の中身開かせ」「作者はすべてを語れ」という批判は的外れに思える。猫箱は語らなかったかもしれないが、猫箱以外のことはうみねこは概ね全部語りきっているはずだ。

しかしそうはいっても、作者はもっと上手く煽れなかったものか?とは思う。自分は作中での批判も蛙の面に水といった風にあえて推理無しで最後まで通したが、ミステリ陣営をあまりにも挑発し過ぎである。「これ全部解けるんだけど、え、解けないの?解けないの??んんー???」てな感じで、読者が作中で推理を諦めることを非常に嫌ったがゆえに煽りまくったが、それが仇となって、猫箱の解明がされないと納得いかない層をかなりの数作ってしまったのは否めない。epによってはミステリに対して中傷レベルの言いまわしをしている箇所すらある。
そして、猫箱の内容が結局明かされないというのはやはり賛否両論だと思う。自分でもかろうじて受け入れられるといった感じなのだから。的外れだとは言っても憤慨する気持ちは十分わかる。猫箱どころか、各epの偽書パートのトリックに対して明確な公式解答が最後まで与えられなかったことも痛いところだ。んで、あんだけ煽っといて、真剣に謎解きしてた人間は最終的にep8で醜い山羊扱いである。そりゃ怒るよ。

そういえば作者はひぐらしの時もミステリ陣営を怒らせたことがあった。予告もなしに反則技のオンパレードをぶちかましてかなり叩かれた。今回も結果的にそれを繰り返すことになった
どうにかならんものかね。そんな無理に煽らんでも話題は掴めるほどのビッグネームにはなってると思うんだがね。


さて、そうはいっても、個人的にうみねこはまぁまぁ楽しめた。
うみねこ礼が出されるかもしれんということだが、もし出るなら期待したいとこである。


ps:そういやうみねこep8、ファウストの太田克史編集長はべた褒めである。
彼曰く、
FAUST_editor_J otakatsushi 『うみねこのなく頃に』は「アンチミステリー」として『虚無への供物』が(それでも)守っていた一線を飛び抜けてしまった作品。フィクションのキャラクターにも守るべき人権はあるのか? 「非実在青少年」問題が大まじめに提起される今だからこそ、あの物語の畳み方は十分に成立すると僕は考える。
だそうな。

彼のこれに関する一連の発言を見てもちょっと何言ってるのかよくわからないが、フィクションのキャラクターにも守るべき人権はあるのか?っつーのは何だろうね。作中人物にプライバシーの権利でも付与させようってのかね?
でもさ、小説において、作中人物って基本的に作者の代弁者だぜ?作家が語らないことを許されるのは、語らないことで語れるものの方が大きい場合だけだ。それをすっ飛ばして、作家が語らないことそれ自体を褒めるのはなんか違うだろ。

theme : うみねこのなく頃に
genre : ゲーム

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック