FC2ブログ

前から思ってた疑問とか

やっとこさ定職に就けて、ブログ書くどころかツイッターすら更新が少なくなってきた今日この頃だが、便りが無いのは元気な証拠ってやつである。
四月からは日々真面目に生きております。

正社員(に該当する身分)になると月々の収入がこれまでとはケタが違ってくるので、休日はアウトレットの安物ではなく百貨店に行って身だしなみを整えたりマンガを大人買いしたりとかして、三月までの暮らしとは天と地との差である。
もちろん貯蓄もそれなりに行っており、夏の終わりには中古車を購入して乗り回す予定。茨城で車無いとほんと生きていけない。交通の便が異常に悪い今の職場だと特に。


そういや今日買い物に行ってる途中に、ガガの「Born this way」が流れてた。今や早くも懐メロである。
しかし個人的な感想を言わせてもらうと、ガガの曲が日本のリスナーにどれだけ受け入れられていたのかは正直謎である。
パフォーマンスの装いも含めて、ガガの活動の基礎にはいわゆる同性愛コミュニティの文化がある。それはちょっと調べればすぐ出てくるくらいに定着しているはずである。「Born this way」とか、誤解を恐れず言うと、主に「レズでも別にいいじゃねーか」ってのを高らかに歌ってる曲だったはずだ。

自分は、こと他人の恋愛事情に関しては非常に寛容で進歩的思想の持ち主であるため(「ぶっちゃけどうでもいい」とも言う)、ビアンそれ自体を差別しているわけではない。またエレクトロというジャンルにおける文脈から見ても、ガガの音楽性は嫌いではない。
ただ、他のやつら、レイザーラモンの見てくれにドン引きしたり、BL市場に対して月刊百合姫の売上が異常に少なかったり、あまつさえエレクトロニカとかエレクトロとかのジャンルに対する一般的な認知度がほぼゼロに等しい日本社会において、上記のような背景を持つガガの在り方がどの程度まで受け入れられているかってのは、ほんとによく分からない。
いくらなんでも受容の仕方が無理くり過ぎやしないか。宣伝する方もされる方も。何の理解も無いのに流行に流されるのってかえって疲れると思うんだけど。


more...

スポンサーサイト



theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

僕がチャンピオン読者になった理由(わけ)

切腹はスポーツじゃないだろ、常識的に考えて。

でもチャンピオンだったらそれもどうなるか分からない
要するにそういう雑誌です。

more...

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

アンチグルメとしての『孤独のグルメ』~実写版との比較も含めて

『孤独のグルメ』は、以前からその独特の台詞がネットにおけるネタとして定着し、知る人ぞ知るといったマンガだった。

それが最近『花のズボラ飯』このマンガがすごい!2012の第一位に選ばれたということで、同作者による『孤独のグルメ』の注目度も上がった。
それを好機とみたのかどうかは知らないが、それと並行してテレビ東京で『孤独のグルメ』の実写ドラマ化が決定した。この実写ドラマ版『孤独のグルメ』が、深夜に美味そうな飯をかっ食らう映像を流して深夜に視聴者の食欲を掻き立てる夜食テロとして話題になり、作者も予期しなかったほどの好評を得て、現在実写ドラマの二期が放映中である。
このような実写ドラマ版の大成功を経て、『孤独のグルメ』という作品の知名度が以前と比べて急上昇している。

ただ、そのような広がり方をしているため、実写ドラマ版のイメージでしか『孤独のグルメ』を知らない層が増えているのも事実だ。
結論から言ってしまうと、『孤独のグルメ』の原作漫画とドラマとではまったくの別物である。

自分は、以前から存在自体は知っていた『孤独のグルメ』がドラマ化するということを聞いてすかさず新装版で原作マンガを読破した人間だが、個人的にはいろいろすごいマンガだと考えている。
孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】
(2008/04/22)
久住 昌之

商品詳細を見る

そして、この原作を知らずに多くの人が『孤独のグルメ』を語るのは非常にもったいないことだと考え、以下の文章を記した。

なおこの新装版に収録されている病院食の回以降も、原作漫画はSPA!誌上にて不定期連載中である。新装版に収録されていない分の内容はこのサイトで確認できる。
書籍になっている内容を著者自身が公開しているサイトなので、問題ないだろう。多分。


more...

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

マンガとかもちょいちょい読む

前と比べて経済的な理由でだいぶ抑えてますがね。

おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)
(2011/03/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

しのーかェ…。
ただ、エロ話はわろたw

それにしても今回、知らない人が見たら「飯ってこんなに気を遣うものなのかよ!?」と驚かれるだろうが、自分らも高校時代は飯についての細かい知識云々を筑波大のコーチからいろいろ言われたくちで、懐かしいなぁと思いながら読んでた。力入れてるとこはほんとにあれくらいやってるんじゃないか?と思うよ。

ただね、相変わらず野球に関してはたまに「ん!?」と思うような描写がある。普通の高校球児はサインも出てないのにウエストボールを空振りするとかしねーよ。

ダイヤのA(25) (少年マガジンコミックス)ダイヤのA(25) (少年マガジンコミックス)
(2011/03/17)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る

おお振りですら恋愛要素入れてきたってのに、今時珍しく恋愛要素皆無で硬派な野球マンガである。マネージャーとかチアとかいるしいくらでもそういう展開にできそうなのにあえてやらないのが素晴らしい。
イップスはねぇ…あるよねほんと。

へうげもの(12) (モーニングKC)へうげもの(12) (モーニングKC)
(2011/03/23)
山田 芳裕

商品詳細を見る

まさかのアニメ化に否が応でも盛り上がらなければならないムードなわけだがさて。
しかしやっぱり不思議な魅力があるよなぁこれ。ちょっと読むだけのつもりがいつの間にか頁をめくる手が進んでしまう。

more...

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

スペースコブラでまた会おう

コブラ 1 完全版 (MFコミックス)コブラ 1 完全版 (MFコミックス)
(2005/08/23)
寺沢 武一

商品詳細を見る

最近コブラ完全版をブッコフでコツコツ探しまわってる。スペースほむらの動画シリーズから原作に興味を持ったんだが、普通に面白い。
遅筆に起因する寡作がネックとはいえこれもジャンプ黄金期の作品の一つである。今のマンガが忘れているものがまさにここにあると思う。
アニメの方も新旧ともに非常に素晴らしい。

作者は元手塚プロのマンガ描きだったというのもあって、絵はもちろん設定の生み出し方や処理の仕方が手塚治虫のSFマンガっぽいテイスト。元々少女マンガ家を目指していたというが、それにしてもコブラの女性キャラがいちいち魅力的過ぎて驚くばかりだ。宇宙ルパンとよく言われるものの、ルパンのパクリにとどまらない独自性はしっかり持っている。むしろ原作同士ではルパンよりはるかに上だとすら思う。
なおコブラ原作は日本マンガにおいてCGを使う先駆けとなったマンガでもある。そういう意味でも、もっと注目されるべき。

ちなみに現在、MFコミックスから完全版が12巻出ている。集英社文庫版もあるが、クオリティ的には手直ししてオリジナルに近づけるように腐心しているMFコミックスの方が断然上。文庫よりサイズが若干大きくなって見やすくなり、当時としては斬新だったCGによるカラーページも完全再現である。
これから買う人は絶対MFコミックスの完全版の方を買うことをおススメする。同じシーンでも文庫と完全版とではかなり印象が違う。

参考動画:

↑明日のジョーとかで有名な出崎統による旧コブラの名シーン。
永遠に評価されるべき。


↑スペースほむら


↑ふたば☆ちゃんねるの虹裏コラ職人による鬱フラグブレイクの元ネタ。
類似キャラにテッカマンランスロム兄さんなども存在する。

more...

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

かうんたぁ
プロフィール

ごてぃ

Author:ごてぃ
茨城から都内の大学院に通う人
専門は中国近現代文学のはず
文章を書かせると人格が変わることに定評があるらしい
「誰だか知らないけど有名人っぽい」と意味不明な事を言われる
黄昏をこよなく愛する男。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
ブログ内検索
twitter(フォローは熱烈歓迎中)
直接の知人等
リンク等
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック